株式会社エイブル会社案内

「思い」を仕組みにして、労務管理を次のステージに・・・

どこにもない「ハンドメイドの労務管理」をご提供

「法令順守」に加え、独自の「カスタマイズ」で、御社にぴったりの労務管理をご提供

「困った!」そんな時は、誰よりも速く、あなたのもとへ!

社長は、経営に集中して頂き、労務管理はオートクルーズ!

ネットでの「お問い合わせ」はこちらからどうぞ

  • お電話でのご予約・お問い合わせ
    043-483-6055

最新情報


佐倉市の社会保険労務士法人 さくらエール そのお悩み聞かせてください!


ごあいさつ

「今回採用した社員なんだけど、う~ん、向いてないのかなぁ~」最近、経営者の方か
らしばしばこのようなお話しを頂きます。きっと、予想以上に ①期待外れだった・・・
  ②このまま在籍してもらっても戦力になるのかなぁ・・・ 等の懸念がこのような言葉につ
ながるのでしょう。数年前までは、また次の良い人材探しを・・・そんな事が解決策とし
て考えられたのかもしれませんが、働き方改革が始まった「令和」になり、様々な考え方、
価値観をもった方をこれまで以上に認め、育てて組織の中に受け入れねば、超人材難にお
けるビジネスが進められない時代になったのではないでしょうか。

最近では、「ダイバーシティ」という言葉を良く耳にします。多様な人材(性別・年齢・国籍)
で多様な働き方(正社員・パートタイム・副業社員等)を認め、 積極的に活用して
いかねば、いくらIT/AI等のイノベーションが進もうとまだまだ人材不足の厳しい時
代であることは間違いありません。

また、人事労務用語のひとつに「リテンション」という言葉があります。如何に企業内
に優秀な人材を確保していくことができるか、「リテンション推進」とはそのような仕組み
作りを積極的に取り入れて、 活用していくことを意味します。今後は、人材確保が厳しく
なり、廃業せざるを得ない企業も増えてくるのではないでしょうか?

個々の多様性も今後は、非常に大切です。企業内にて価値観の違い等を認め合いながら
「ワン・チーム」で共存していく事はもちろん、お客様に対しても「やわらかい心」で話
を聞き、 時には議論し、その結果を受け入れ、承認して目標を一つにして問題解決に当た
らねばなりません。

そして、これらの取り組みにおいて、最も不可欠な事は、経営者(リーダー)の明確な
ビジョン作りとブレない姿勢です。社員と一緒にどんな目標に向かっているのか、正社員
からパート社員に至るまで誰に聞いてもそれが答えられたならこんな素晴らしいことはあ
りません。 そんなベクトル(方向性)合わせをして、この先10年、20年・・・御社を
この一億総活躍の日本社会にて、「ひっぱりだこ」の会社にしてみませんか? 

是非、我々にお手伝いさせてください。
2020年、御社との出会いの年、飛躍の年になるよう、心からお祈り致します。

社会保険労務士法人さくらエール
代表 特定社会保険労務士 山本雅一